VT to the origin(exてくのFK)

200905 横須賀水中処分隊の皆様(1)曳く〜6月1日追記

【6月1日追記:写真を1枚追加し,文章も追記致しました】
「出発」の1月から,一気に「直近」の5月の記録にて投稿しましょう.現在,投稿順は時系列ではありません.その時々の流れにおいて,適切と思われる記録にて投稿してゆきます.今年に入ってからの記録を現在,3つのpartに分けています.「ver.01」は1〜3月.「ver.02」は4月.そして,5月で「ver.03」.開始に相応しい場面です.
e0149306_2223761.jpg
2009年5月13日『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」爆発物処理班の皆様

近いようで遠い百入茶の海に横須賀水中処分隊の皆様.背後の海岸には粉々に砕けた海のかけらたち.「百入茶」とは,「幾度も染浸す意味で、幾重も染重ねた濃い紫褐色」.その海から何かを引き揚げようとなさっているように観えます.「力」,「人の力」,「重ねる力」,「技術」を思う場面です.前回の投稿で「今年の初心」に戻りましたが,今回は更に遡り,「初心」を顧みる場面でもありました.日々を生きてゆく為には,前を向き進むべきですが,時として(何かに迷う時など),振り返る事が必要です.まさに4月の終わりは,そうでした.何故,横須賀水中処分隊の皆様の記録を撮り続けようと思ったのか.何故,もっと横須賀水中処分隊の皆様を知りたいと思っているのか.それは…

「人の力」

このブログは個人のローカルディスク上の日記ではありません.詳細に書き記せば,いくらスクロールしても終わりのない投稿になってしまいます.敢えて一言で「人の力」.それは幾度も染み浸し繰り返される訓練の上に成り立つ高度な技術.その高度な技術が織りなされてゆく訓練を見学出来る機会など滅多にありません.数々の「見学」がありますが,『YOKOSUKA軍港めぐり』において,例え1便の見学時間は短くとも,幾度も乗船すれば良いのです.私たち見学者が見学している数分の何万倍も長い時間と力を費やして,横須賀水中処分隊の皆様の高度な技術が継承されているのですから.この記録写真の1枚から,改めて新米見学者が感じた事であります.まだまだ全然追い付けていませんが,「追い付けていない」を免罪符にするつもりは毛頭なく.また,皆様との距離(見学)は少しずつ近くなって来ていますが,それでもまだ「遠い」です.綱を曳く如く,今少し「曳き寄せる」必要があります.撮影者の技術の更なる向上と性能の向上.技術の向上は一朝一夕とは参りませんが,性能の向上は今日にでも解決可能です.

また抽象的な事を書いていますか?少し無理をして疲れが蓄積されているようです.投稿したい記録が多々あるのですが,時間が現在足りません.あと2日.

【これより6月1日追記】
横須賀水中処分隊の皆様は,5月18〜22日まで,東京都新島にての「爆発性危険物の捜索,揚収,処分」に向かわれていました.今回の投稿は,その「新島行動における訓練」の場面でありました.
e0149306_055898.jpg
2009年5月13日『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」爆発物処理班の皆様

「海底から索や錘を引き揚げている写真は、浅海域において効率よく捜索を行うため基線(基準となる索)を撤収している時の当隊の訓練模様です。」

これまで,web上の資料(平成16年度,平成20年度『News Tokyo(都政新聞)』)でのみ,新島での横須賀水中処分隊の皆様の任務について知る限りでありました.何度もその資料をプリントして読み返しては,頭の中に思い描く1週間となりました.特に昨年の平成20年度の,『News Tokyo(都政新聞)』の記事を何度も読み返しました.「新島行動」は,昭和44年から始められているにも関わらず,平成20年度の取材当日1日だけで,100kgを超えるであろう爆発物が発見された事,その前年平成19年度でも410kgの爆発物が発見処分された事が書かれています.昭和44年と云えば,1969年です.今年2009年で丁度40年です.それでも,未だに?そして,今年平成21年度も,横須賀水中処分隊の皆様は,新島へ向かわれました.この投稿の場面から数日後に.何とか記録出来た訓練の場面.距離はありましたが,それでも,これまで「全く知らなかった」「観えて来なかった」状態とは違います.たった2枚の写真であっても,実際に,命にかかわるやもしれない大変危険な任務にあたられる方々に接する事が出来たのは,大きな前進です.「全然知らないけど,どこかの誰かがやっている」と云う漠然とした感覚ではいけないのです.そして,また,改めて写真に記録する事の大切さ,重要さを思いました.

今回の投稿を【追記】と云う形にした事,そして,半月の間が空いたのは,こちら『てくの』の投稿は,時として,とても難しいと云う事もあります.これまで,自分が歩んできた分野ではなかった為,殆ど判らない状態から,何とか調べ,学び,考える必要がある為です.決して,安易に投稿出来ないのです.拙い投稿ではあるかもしれませんが,これが残念ながら,多くの「世間一般人」の認識レベルなのです.「活字離れ」が云われて久しいご時世.非常に正確に詳細に文章のみで解説してあったとしても,読まれなければ伝わりませんし,「世間一般人レベル」から高い位置になります.このブログを開設している,まだまだ知識よちよちの頼りない新米見学者が少しずつ「前進」して行く課程において,より多くの「これまで全然知らなかった方々」も共に,少しずつ「前進」して下さる事を願っています.
# by wissenbrristol | 2009-05-15 03:07 | 横須賀水中処分隊

200901 EODの皆様(1)藍海松茶の海

突如,時間を「見学一番最初」まで戻します.『てくの』は「技術」が視点となっている700pix版です.3月末日まで,昨年8月2日の「横須賀水中処分隊展示」の記録を集中投稿しておりましたので,年度改まった4月1日からの横須賀水中処分隊さんの「技術」の投稿を続けて来ましたが,1月の「技術」視点の写真であっても『ぐらふぃこ』に投稿?と思い,記録を見直していました.時間を遡り,「技術視点記録」は『てくの』に投稿します.
e0149306_1524518.jpg
2009年1月22日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊さん「EOD=水中処分員」爆発物処理班の皆様

この日初めて,水中処分員の皆様が吾妻島・横須賀消磁所前にて訓練なさっているところを見学出来ました.ただ,全く何も知らない状態で『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船しましたので,皆様に気付くのが完全に遅れました.横須賀消磁所をずっと観ていました.2Fデッキには,自分ただ独り.小雨そぼ降る厳冬の1月末です.お客さまは全て1Fで見学なさっていました.確か…木更津の漁師さんがたでした.「海で生きている方々」でさえも,船内から見学される程,この日は寒かったのです.新米見学者は,よもや背後に水中処分員の皆様がいらっしゃるとは思っていませんでした.ふと振り返った瞬間,愕然としました.14時便です.最終便ですから,次便はありません.全く気付かなかった自分を責めている場合ではありません.見学出来る限り記録を撮り続けました.米海軍さん基地内に電灯が着いている事でも判るように(この写真では判りづらいかもしれませんが),午后14時ちょっと過ぎでも,この暗さです.厳冬の「藍海松茶」の海に水中処分員の皆様.気付かなかった事にも愕然としましたが,この寒さの中を訓練されている事を目の当たりにし,再び愕然としました.水中処分員の皆様の「地力」に.見学出来た時間は,たったの1分.写真にして,僅か11枚です.

ここ約1ヶ月弱,水中処分員の皆様が訓練なさっているところを見学出来ていません.ですが,その間に,これまでの記録を改めて見直す機会でもあります.その為,今夜は「最初=初心」に戻ってみる事にしました.今は5月半ば.横須賀の海は明るく,温かくなりましたが,今夜は敢えて厳冬に戻って.
# by wissenbrristol | 2009-05-13 02:12 | EOD

200904 EODの皆様(12)海面付近

昨日は久しぶりの横須賀だったのですが,暑さにバテて,ずっと『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船していました.海の上は陽射しは強いものの,冬期には脅威であった風が,とても心地よく感じました.今日も横須賀行きです.その前に…1日遅れてしまった『てくの』を投稿しましょう.
e0149306_655510.jpg
2009年4月『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊さん「EOD=水中処分員」爆発物処理班の皆様

ここのところ,早くもほぼ半月ほど,水中処分員の皆様の見学が出来ていませんが,記録の写真はたくさんあります.DIGITALの時代になってから,どうしても「次へ次へ」と先を急ぐ傾向になりがちですが(写真やwebでの時間速度),じっくり落ち着いて.昨日も『YOKOSUKA軍港めぐり』に何便か乗船しましたが,水中処分隊の皆様がいらっしゃらない際は,日頃目をやる余裕のない部分をじっくり見学(距離や光の向き等)します.昨日は,とても「よこすか8」が大きく観えました.これまで,水中処分員の皆様は「よこすか8〜6」よりも吾妻島側にいらっしゃる事が殆どでしたが,この日は「よこすか6」よりも前に.そして,なかなか見学が難しい海中で訓練されている方のお姿も観えますね.海面付近を泳いでいらっしゃるようです.この後,観えなくなるまで,ずっと泳ぎ続けておられました.このような訓練の場合は,見学者からも観えますが,殆どの場合は皆様海中にいらっしゃると思われますので,お姿は観えません.ずっと何分も泳ぎ続けると云うのも,一般人には難しい事です.この時は,移動する処分艇さんの周囲を廻りながら,「よこすか6」あたりから横須賀消磁所前まで泳ぎ続けていたように観えました.真っすぐなプールでのコースをゴール目指して泳ぐのとは全然違います.波もありますし,ゴールが観えません.どのような訓練であったのかは判りませんが,ただずっと泳ぎ続ける事でさえ,私たちにはとても難しい事なのです.
# by wissenbrristol | 2009-05-10 06:25 | EOD

200904 EODの皆様(11)緑の流木の海岸・準備

連休が明け,仕事再開の日.ようやく雨は上がりましたが,少し肌寒いですね.さて,今夜もやや早めに(朝が来る前に)投稿しましょう.やはり仕事が始まると,少し時間が圧しますね.
e0149306_27415.jpg
2009年4月『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊さん「掃海隊群司令部水中処分班」の皆様

引き続き「装備」が視点です.前回の投稿とは別の日です.ここでは,距離があるので,実際にはよく観えていませんが,実にてきぱきと準備が進められていますので,少しでも目を離すと(各所で同時進行ですので),あっと云う間に準備完了→海の中へ,となってしまいます.新米見学者,頑張って追い付こうとしますが,なかなか追い付けません.それは当然の事で,水中処分員の皆様は,のんびり南の島でマリンレジャーを楽しまれているのではないのです.とにもかくにも,準備完了→海の中へ,は特にとても速く感じられます.既にお一方は海に入られています.

これから海に潜られて訓練される,と云うところまでは判っても,どのような訓練をなさっているのかまでは判りませんが,まだ10回にも満たない見学回数ですので,ただただ水中処分員の皆様を見学出来る限り(時間内),目を凝らします.まるで,息を止めて見学しているような感じです.見学者がそのような事をする意味はないのですが,今まで観た事もない場面を目の前にした時,緊張にも似た集中をしている事を「息をするのも忘れる」と表現したりしませんか?と書くと,とても意気込んだコワい見学者のように思えるかもしれませんが.と,また長くなっていますね.出来る限り投稿文を短くして,写真を続けて閲覧出来るようにしたいと思っているのですが…
# by wissenbrristol | 2009-05-08 02:26 | EOD

200904 EODの皆様(10)「クウキ」

いよいよ大型連休最終日ですね.写真と向き合う5連休でした.月も変わって5月も6日目.今年は元日から『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船していますが,早くも5ヶ月経過です.ここ『てくの』も投稿間隔が詰まって来ました.基本のペースは1日おきです.では,今夜は朝になる前に投稿です.
e0149306_158937.jpg
2009年3月『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊さん「掃海隊群司令部水中処分班」の皆様

タイトルが「200904」になっていますが,3月の記録です.晴れてはいますが,全体の色が全く異なりますね.まだ寒かった頃です.さて,ここ数回の投稿は「装備」が視点となっています.間もなく海の中へ…のご準備をされている事と思います.以前の見学で,この灰色のtankに「クウキ」と書かれているのが印象に残り,以降「クウキ」と書いていますが,「空気」は極めて軽いもので,重量のあるものとは日頃思っていません.が,この「クウキ」が運ばれる時,そして,背負われる時,とても重いもののように感じられるのです.勿論,tankの重さであるのでしょうが,実際に自分が持ったり,背負ったりした事がないので判りません.しかも,背負われる際,このようにして,前から持ち上げると云うのは,この時,初めて知ったのです.人は「クウキ」がなければ生きてゆけません.なくてはならないのに,「軽くて目に観えない」.でも,この写真では「観えて」います.観えているのがtankでも,そこに「重さ」と「不可欠」を目にするのです.
# by wissenbrristol | 2009-05-06 02:13 | EOD

200904 EODの皆様(9)海中より[ii]

どうして,こんなにも時間と云うものはあっと云う間に過ぎてゆくのでしょう.まだ黄金週間中ですが,週が明けてしまいました.そう云えば,大型連休中はアクセス数は減少?と予想していたのですが,そうではありませんでした.では,投稿しましょう.また,朝になってしまいましたが.
e0149306_43494.jpg
2009年4月『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊さん「掃海隊群司令部水中処分班」の皆様

前回の投稿で,思えば,水中処分員の皆様の「フル装備」は,まだ間近で見学した事がありません」と書きましたが,海から上がって来られるところを近い距離から見学出来たのは,この時が初めてでした.(4)での投稿の直後の場面です.ほぼ同じ目線で見学出来たのも貴重でした.距離の近さだけでなく,海面に出来る限り近く.そして,全てが観えずとも(判らずとも).何でもすぐに「答」は判る訳がありませんし,まだまだ全然,水中処分隊の皆様についていかれていません.とは云うものの,資料(文献)等で学ぶより,こうして見学出来る機会があるのですから,百聞は一見にしかずです.

毎回投稿で長々文章を書いてしまう傾向がありますが,場面の解説が出来る程の知識はまだないのですから,なるべく文章を短めにして,写真を続けて閲覧しやすいようにしたいと思います.ここ『てくの』や『ぐらふぃこ』の700pixブログは特に.
# by wissenbrristol | 2009-05-04 04:29 | EOD

200904 EODの皆様(8)間もなく海中へ

早くも月が変わり5月に入りました.まだとても寒かった1月の末に,初めて水中処分員の皆様が海上・海中にいらっしゃるところを見学出来ました.あっと云う間の4ヶ月.
e0149306_1403496.jpg
2009年4月『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊さん「EOD 水中処分員」の皆様

あっと云う間の4ヶ月でしたが,さまざまな見学が出来ています.実際には,距離がありますので,詳細に観えている訳ではありません.特に,この場面などはファインダー内では確認出来ていません.帰宅して,Macに移動し,1枚1枚最大表示にして,ようやく判る…と云う「写真見学」です.写真がやや粗いのも,かなりの距離がある為です.思えば,水中処分員の皆様の「フル装備」は,まだ間近で見学した事がありません.高校生の頃から尊敬する水中写真家の中村征夫氏の映像等で「海に潜られる方」のいでたちは観た事がありますが,あくまでも映像です.自らの目で見学した事はありませんでした.この時もカメラ越しですし,実際にははっきり観えてはいないのですが…写真で確認しますと,「身につける準備」を始められてから,この場面まで実は1分経っていません.その前に,さまざま必要なものを取り出しておられる時間はありますが,その場面を含めても2分ほど.水中処分隊の皆様の見学は,まさに時間との勝負なのです.高度に訓練されている方々ですから当然なのですが.全てにおいて,その「速度」が新米見学者の前に立ち塞がります.「速度」が立ち塞がるとは,変な日本語かもしれませんが.
# by wissenbrristol | 2009-05-02 02:01 | EOD

200904 EODの皆様(7)処狭しと

黄金週間始まりましたか.今週はずっとお天気に恵まれそうですね.曇天・雨の横須賀も良いのですが,やはり抜けるような青空と蒼い海が最も良いですね.今回の投稿は『ぐらふぃこ』的ですが,『てくの』です.
e0149306_4113211.jpg
2009年4月『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊さん「EOD 水中処分員」の皆様

豪快に芸術的な白波蹴立てて,水中処分員の皆様が海上海中にての訓練に向かわれます.これまで,皆様が訓練に向かわれる際は,ほぼ真横の位置から見学させて戴いていました.4月はじめ,処分艇さんに数々の訓練に使用される「機材」が運び込まれる場面を2回投稿しましたが,ほぼ同じ高さからの見学でしたので,処分艇さんの「床」がどのようになっているのかは判りませんでした.きっと,「処狭し」と機材が並んでいる事と勝手に想像していましたが,やはりそうでした.本当に「処狭し」と積まれていますね.隙間が観えません.皆様,豪快に海のレジャーに行かれる訳ではありませんし,訓練に必要のないものは積まれている訳もなく.少しだけ,どのように使われるのか判るものもあります.見学出来る機会に恵まれるごとに,新たに判る事があります.
# by wissenbrristol | 2009-04-29 04:29 | EOD

200904 EODの皆様(6)綱・縄・ロープ

昨日は10数年ぶりに元同僚との再会の為に横須賀へ.せっかく横須賀へ行くのですから,いつものように『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船です.自分にとって何も特別な事はなく,習慣です.あまりに頻繁(本人はそう思っていない)に乗船しているので,周囲の人やこのブログを観て下さっている方は不思議(不審?)に思うかもしれませんが.さて,個人的な事は『日報』へ.
e0149306_22333838.jpg
2009年4月15日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊さん「EOD 水中処分員」の皆様

前回投稿に続き,水中処分員の皆様が吾妻島・横須賀消磁所前の海上海中にての訓練の準備をなさっている場面にて.こうして,訓練を開始される前の見学が出来たのは初めてです.前回の投稿で海に投じられたのは白い「錨」のように観えました.今回は,蛍光オレンジ色の浮き.皆様が訓練なさっていない時でも,吾妻島前にぷかぷかしています.この蛍光オレンジの球体を繋いでロープ.前回も書きましたが,とても綺麗に規則的に編まれています.昨年8月2日の海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放の際にも,時間があればお勉強したかった「ロープ教室」.多様で極めて実用的なロープ結び.この場面を見学してから,webにて調べてみましたが,「これだ!」と視覚的に決定打となる資料に辿り着けていません.最も近く,その用途からしても「この結び方では…」と云うものは,「錨むすび」.辿り着けたページの画像と比べ,より複雑で頑丈に観えます(web上では,判り易いようになっているのだと思います).個人的な事ですが,以前編み物を習っていた際,アラン模様は「海」と深い関わりがある事を教えて貰いました.「海と編む」.海上自衛隊さんと云うと,威風堂々の艦艇が浮かぶかと思いますが,水中処分員の皆様を通して,「細密」「繊細」「手作業」等の極めて「細かい」点(面)にも目がゆくようになりました.
# by wissenbrristol | 2009-04-25 22:49 | EOD

200904 EODの皆様(5)訓練準備開始

続けて『てくの』を投稿しましょう.こちらの場面を700pixにて投稿していませんでした.今年1月末より,水中処分員の皆様が海上海中にて訓練されているところを見学出来る機会に恵まれています.さまざまな見学をする事が出来るようになってきております.
e0149306_22565824.jpg
2009年4月15日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊さん「EOD 水中処分員」の皆様

白波蹴立てて,長浦港より第一陣の方々が吾妻島前に到着されました.横須賀消磁所前を通過するあたりでは,この「海域」にどなたもいらっしゃらなかったのです.まさに第一陣の方々です.しっかりと編まれたロープの先には,白くて四角い重量のありそうな鉄製の「錘」のようなものが観えました.「ざぶん!」と海の中へ投じられた瞬間です.皆様の処分艇さんはこれまでの見学では,少しずつ横須賀消磁所の方面へ移動されますし,しっかりと編まれたロープはそれほど長くは観えませんでした.このあたりの海がどれほどの深さであるのかは判りませんが,数々の大型の艦艇が行き会っていますので,遠浅の海ではありませんよね…

この日,初めて訓練を始められる準備をされているところを見学する事が出来ました.これまで,処分艇さんには,数々の訓練に使用される機材(機材とは呼ばないかもしれません)を積まれているところを見学して来ました.見学の船上からは観えないのですが,処狭しとさまざま置かれている事と思います.一つ一つがどのような役割であるのかは,まだ新米見学者には判りませんが,この数分の間にも,貴重な見学をする事が出来ました.てきぱききびきびと進められる準備.恐らく,新米見学者ご挨拶するのも忘れ(失礼です…),ひたすらカメラ越しに見学させて戴いておりました.
# by wissenbrristol | 2009-04-21 23:13 | EOD