VT to the origin(exてくのFK)

カテゴリ:横須賀水中処分隊( 69 )

20080802 横須賀水中処分隊展示(23)

今日は立春.暦の上では春の知らせ.でも,まだまだ寒いです.昨年はこの時期,横浜は雪が何度か降りました.今年は雨でしたから,少し暖かいとは云っても,寒さは続きます.ここ『てくの』は,ずっと真夏です.では,横須賀水中処分隊さん展示第23回目です.
e0149306_2262223.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

高速で,そして隙間などあるのだろうか?と云う程の至近距離で交差します.写真の並びを確認すると,この場面は2度目の交差(冒頭から数えてではなく)です.何度観ても見事な場面です.よくよく考えると,こちらのゴムボートは車のようにハンドルがある訳ではありませんから,素人からすれば,真っすぐ海上を突っ走るっている自体が,既にものスゴい事なのです.積み上げられた訓練の成せる高度な技術です.先日の真冬のハドソン川不時着陸の後,機長さんが仰っていた言葉を思い出します.「優秀な乗務員が乗り合わせていて,訓練の通りにしたまで」.高度な技術は一朝一夕に身に付くものではありませんし,また,「その時」に訓練の通りに行動できるかは,精神面での訓練も必要ですよね.平常心を保って行動する.とってもとっても難しい事です.

先日,「掃海隊群司令部水中処分班」のページの「EOD員の活動実績(抜粋)」の項目を拝見して,大変申し訳ないのですが,初めて救助活動をされている事も知りました.今回は救助活動の記録を転載させて戴きます.

▼41.2.4 羽田沖に全日空機が墜落、救助活動
▼57.2.9 羽田沖に日本航空機が墜落、救助活動


折しも,真冬のこの時期の事であります.昭和41年2月4日には私は生まれていませんので,記憶もありませんが,昭和57年2月9日の記憶はしっかりあります.丁度,中学2年ぐらいで期末試験の最中であったと思います.先生が教室のテレビを点けて報道を観ていました.羽田は近いですし,よく行っていた場所ですから,どのあたりに墜落したのかが判りました.その日は晴れていましたが,真冬です.ウェットスーツを着た方々が海に潜って救助活動をしている場面を何度も映像で観ました.27年前の事ですが,今でもその映像を思い出せます.飛行機事故は本当に恐しく痛ましい,と強く記憶に刻まれた事故です.また,真冬の海で救助活動されている方々に強い尊敬の念を抱きました.27年が経過した2009年,その救助活動に水中処分員の方々があたられていた,と云う事を知りました.随分と時間がかかりましたが…改めて,昨年8月2日に初めて「横須賀水中処分隊さん展示」を撮らせて戴き,1場面1場面を時間をかけて見直し,投稿していく事の「意味深さ(大きさ)」を痛感しています.
by wissenbrristol | 2009-02-04 22:39 | 横須賀水中処分隊

20080802 横須賀水中処分隊展示(22)

投稿の間隔が少し開きましたが,その間,真冬の海上にて,ようやく,『YOKOSUKA軍港めぐり』の船上から爆発物処理班の方々が実際に訓練されている処を見学させて戴く事が出来ました.2日とも僅か10分にも満たない短い時間ではありましたが,大変貴重な数分間でありました.その際の記録をこちらに挟む事も考えましたが,真夏と真冬の海上を『てくの』と『ぐらふぃこ』の両方に投稿する事としました.後に,『てくの』にも投稿します.では,こちらは引き続き昨年8月2日の「横須賀水中処分隊さん展示」の場面を.
e0149306_749713.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

真冬から一転,真夏の海です.暖かい海とは云っても,決して「楽」な筈がありません.真夏の8月2日です.ウェットスーツは涼しくはありません.楽しく爽快なマリンレジャ〜ではないのです.2隻のゴムボートが再び高速至近距離で交差し,実際に海に飛び込み準備なさった方をお迎えに行く場面.写真的には,とても綺麗です.幾度も書いていますが,高度な技術を記録すると「美しく」なります.どこにも無駄な動きがないのですから.

投稿の間隔が5日あまり開いた間,再び沖縄で不発弾が発見されました(しかも,小学生が学校に運んだと云う).不発弾発見・処理の報道は,これまでも度々触れていましたが,やはり自分の身の回りで発見された訳ではありませんので,「報道で触れる」と云う域を出ていませんでしたが,水中処分隊さん=爆発物処理班の皆様の存在を実際にこうして目で見る,写真に撮る,と云う事で少しずつ身近に感じられるようになって来ました.まだまだ,その重要性が十分認識出来ているとは思えませんが,機会があるごとに少しずつでも,学び感じていかれるようにしたいと思っています.このような大変危険で重要な任務につかれている方々がいる事を報道があった時だけ思い出すのではなく.また,「掃海隊群司令部水中処分班」のページに記載されている,「EOD員の活動実績(抜粋)」の項目を観ると,救助活動もなさっている事が判ります.今回の投稿では,再び不発弾が発見されたと云う報道がありましたので,そちらについて書きました.次回の投稿では救助活動の事を.もう少し,投稿間隔詰めたいですね.
by wissenbrristol | 2009-01-31 08:11 | 横須賀水中処分隊

20080802 横須賀水中処分隊展示(21)

いやはや…先週は大変慌ただしい1週間となりました.知識よちよち頑張って頭高速回転です.判らない事だらけですが,本当に毎日のようにいろいろな事が少しずつ判り始めて来ました.学生時代は殆ど勉強もせず,遊びまくっていたので,今になって懸命に勉強です.でも,充実していますよ.金曜日は遂に『YOKOSUKA軍港めぐり』で,横須賀水中処分隊の皆様に海上でお目にかかる事が出来ましたし.
e0149306_1322175.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

『てくのふりかけ』は,引き続き昨年8月2日の横須賀水中処分隊さん展示の模様です.前回の投稿で,いよいよ「爆破処理」の準備が完了.ゴムボートさんの登場です.海に飛び込み準備された方をお迎えに向かいます.再び,高速で至近距離交差です.少し離れた陸地から観ていると,「おお〜見事…」と感嘆しますが,実際にゴムボートに自分が乗っていたら,間違いなく怖くてゴムボートにしがみついている事を思います.水中処分隊の皆様のように,ぴっしり背筋を伸ばし,凛々しくなどしていられない筈です.自分の姿を想像して情けなくなります.さぞかし無様でしょう.数々の高度な技術をお持ちの方ですが,皆様の姿勢にも感嘆します.身体訓練をしていない人は,も少し緩いのです.それが悪いと云うのではないのですが,美しい姿勢(この場合,上半身)を保つには,やはり訓練が必要なのです.写真を撮っているとよく判ります.美しい姿勢の出来る人は,何も舞踊家やモデルだけに限らないのです.

と,ちょっと今回は直接水中処分隊さんと関連のなさそうな内容を書いてしまいましたが,これも印象に残っている事柄の一つなので.次回の投稿で,再び,不発弾処理や救助について触れたいと思います.いい加減な事は書けないので,その間に勉強して,まとめないとなりません.その為,少し投稿間隔が開く事もありますが,きちんと学びたいので.図書館にも行きたいです.横須賀市立図書館に行ってみましょうか…でも,横須賀市民ではないので,貸し出しは利用できませんね…
by wissenbrristol | 2009-01-25 13:17 | 横須賀水中処分隊

20080802 横須賀水中処分隊展示(20)

昨年8月2日の海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放の横須賀水中処分隊さん展示の投稿も第20回目となりました.少しずつ勉強しながらの投稿なので,投稿間隔が開く事もありますが,その間に新たに「知る」事柄も出て来ます.本当に日々勉強です.
e0149306_236644.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

この場面は「準備完了」の合図ですね.再び,ゴムボートに戻られます.ぷかぷかと浮いている黒い「浮遊物」には,いろいろなものが付いていますが,何であるのかは,初めての見学者には一つも判らないのです.勿論,「機雷」と云う言葉は知っていますし,大変危険なものと云うのも知っています.ですが,実際にはこの時初めて観たのです.この場面も強く印象に残るものでありました.

前回の投稿で,「不発弾処分」のページにリンクをはりましたが,それから数日の間に,また新たに辿り着いたページがありました.昨年末に『YOKOSUKA軍港めぐり』にて,ようやく「海堡」の姿を実際に目にしたのですが,例によって殆ど知識がなかったので,調べていたところ…国土交通省関東地方整備局・東京湾口航路事務所さんsite内に

■第三海堡撤去概要(その2)〜撤去の終わった構造物・発見された不発弾等危険物

と云うページがある事を知りました.第三海堡を撤去するにあたり発見された不発弾等の一覧が掲載されていました.年月日を観ると平成13,14年とあります.「つい最近」の事です.昭和の時代から長きに渡り,身近に存在していたのですね.また一つ,改めて遠い過去の事ではないのを知ったのでした.『別館』にも投稿しましたが,直に「第三海堡撤去概要(その2)〜撤去の終わった構造物・発見された不発弾等危険物」のページにリンクをはる事は出来ないので,indexにリンクをしておきました.フレームのあるsiteなので,直リンクは控えました(フレーム外してしまう為).
by wissenbrristol | 2009-01-21 02:53 | 横須賀水中処分隊

20080802 横須賀水中処分隊展示(19)

間もなく,横須賀水中処分隊さん展示の投稿も20回目です.前回の投稿分にて,海に飛び込み,泳いで機雷に近づき…爆破処理の準備,と云う段階まで来ました.と,短く場面説明をするのは簡単ですが,実際には「簡単」な事ではありません.どう考えても.
e0149306_2222557.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

でも,見事な手際で迅速に準備されているので,実際に機雷に触れている場面は1枚しか写真に残されていません.昨年8月2日以降,少しずつご活動の内容などが判って来てはいますが,限られたデータしかありませんので,的確適切な文章での投稿は難しいのですが…ここ1週間ほどで,関連すると思われる出来事がありました.沖縄と世田谷で不発弾が見つかった事,昨日のハドソン川の不時着水.あと,夕方のNHKの番組にて,父島のとあるBARの紹介.今日の投稿で一度に書いてしまうと長くなりますので,1つずつ.横須賀地方隊さんsite内の「任務」のところに「爆発物処理」と云うページがあります.そのindexからの引用とリンクをはっておきます.

 対機雷戦は、重要港湾及び水路などに敷設された機雷を除去する作業です。第2次世界大戦中、我が国の港湾水路などに敷設されたばく大な数の機雷処分を実施し、現在もなお存在する機雷の掃海作業を続けています。

▼父島における爆破処分『父島(宮之浜)爆破処分』
▼東京都新島での恒例の不発弾処分『続く新島での戦後処理』

それぞれのページにて,写真も掲載されていますし,どのような作業であったのかも書かれています.いずれもここ数年の事であり,新島の不発弾処分は一昨年の事です.遠い過去の事ではないのが改めて判ります.
by wissenbrristol | 2009-01-18 00:19 | 横須賀水中処分隊

20080802 横須賀水中処分隊展示(18)

昨年末から年始にかけて,文章を長めに入れましたので,今回は努めてしんぷるに投稿しましょう.あまり知識がないのに,長々書いても…と思ったり.特にこの場面では.
e0149306_053194.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

でも,やはり写真を1枚1枚改めて観ていると,思う事はたくさんあります.自分は「極めて危険な物体」に近づいた事はあるのか?たった独りで.地に足の付かない場所で.多分,これまでそのような経験はした事はないでしょう.「怖い」と思う(思った)事はたくさんありますが…頭では判っているつもりでも,「現実」「実際」となった時,どんな行動がとれるでしょうか.あと,思った事は,現在はさまざまな「危険な現場」での機械化が進んではいますが,機器や技術は日々発達しているとは云え,やはり動かすのは「人」です.それに「機械万能」ではありませんから,もし,何らかの故障や障害が生じた場合は?

僅か15分間の「水中処分隊展示」でしたが,間もなく半年が経とうとしても,さまざまな事を考え想像する日々が続いています.
by wissenbrristol | 2009-01-14 00:21 | 横須賀水中処分隊

20080802 横須賀水中処分隊展示(17)

今夜も冷えております.手袋をしてキーボードを打っています.あまり暖房を効かせたくないので.頭もぼ〜っとしますし.さて,17回を迎えた横須賀水中処分隊さん編.文章でももっと伝えたいのですが,いかんせん「確実に(正確な)判っている事」が限られているので,書けません.残念ですが,致し方ありません.
e0149306_2381928.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

いよいよ機雷に到着です.前回の投稿にも書きましたが,ここは大磯ロングビーチでも,宮崎のシーガイアでもありません.海です.しかも,海水浴場でもありません.現在,『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea Friend V号さんで通過しますし,昨年は潜水艦救難母艦「ちよだ」さんも通過する場面も観られましたし,今年はここへ「ひゅうが」さんもやって来るそうです.水深がどれぐらいあるのかは判りませんが,「深い」のです.足なんてつく訳がありませんし,実際に機雷がある場所と云うのは,上記のような場所ではありませんよね?何を子どもみたいな事を書いているのか,と叱られそうですが,そんな事でも怖いのです.「普通(訓練を受けていない)の人」には.しかも,過酷な気象条件であるかもしれません.1枚1枚写真を改めて見直し,改めて「大変さ」を思うのです.でも,ちっとも足りない気がします.自分が思っている事では.しかも,この「ぷかぷか」と浮いているのおは,黒くて蛍光ぴんくのでこぼこが刺さってる浮き袋ではなく,爆発する恐ろしく危険なものなのです.

続けて「掃海隊群司令部水中処分班」ページの記述を引用させて戴こうと思いましたが,「業績」の部分は,今回の「横須賀水中処分隊」さん投稿の締めくくりに引用させて戴こうと思います.自分の「知らなさ」がもどかしいです.
by wissenbrristol | 2009-01-11 02:56 | 横須賀水中処分隊

20080802 横須賀水中処分隊展示(16)

あけましておめでとうございます.5日ほど投稿お休みしてしまいましたが,『よこすかカウントダウン2009』の模様や『YOKOSUKA軍港めぐり』の連続6度乗船編を他『ふりかけ』系5ブログに展開.斉藤聡介交通事故もあり,記録者もかなり疲労困憊でしたので,こちらの投稿はじっくり落ち着いてから再開の予定でした.では,本年も引き続き,最強・横須賀水中処分隊さん展示の模様を投稿してゆきます.
e0149306_1392835.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

ゴムボートから海へ飛び込み,泳いで機雷に近づく場面です.ここは海です.足のつくプールではありません.到底,訓練を受けていない「普通の人」には,これだけでも「怖い」事です.しかも,実際には大変危険な機雷へ近づくのですから,それがどれほど難しい事であるか.そこに「爆発するもの」があった場合,まず「普通の人」は怖くて近づけません.でも,敢えて近づき危険を取り除こうとする方々が居る事を私たちは知っていなくてはなりません.日々,厳しい訓練を積み,高度な技術と勇気を持った方々が居る事を誇りに思わねばバチが当たります.前回も転載させて戴きましたが,「掃海隊群司令部水中処分班」ページの記述を一部引用させて戴きます.

■応募資格等(抜粋)

1.健康診断
次の条件を満たすこと。
(1)身長 158cm以上190cm以下
(2)視力 両眼とも裸眼で0.3(矯正視力1.0)以上
(3)肺活量 3500ml以上
(4)握力 左右とも35kg以上
(5)その他 肢体に異状のないこと。


2.水中能力検定
次の検定に合格する能力を有すること。
(1)25mを潜水したまま泳げること。
(2)45mを途中4回までの息継ぎで潜水したまま泳げること。
(3)400mを10分以内で泳げること。(泳法は何でもよい)
(4)水深3mから5kgの錘を水面まで持ち上げる。
(5)足ヒレを使用し背泳ぎの態勢を取り胸に5kgの錘を乗せて水面を25m運搬する。
3.耐圧検査
再圧タンクにおける3kg/cm2G(30m(100ft)に相当)の圧力に耐える者


こちらの「応募資格」を読んだだけでも,どれほど難しいかが判ります.自分も泳ぎが得意で水泳選手だった事もありますが,「水中能力検定」でクリア出来るのは,たった2つしかありません.(1)と(2)だけです.それに,現在は「何も訓練していない」のですから,出来るかどうかさえ不明です.そうして,我が身を思った時にも,改めて,水中処分隊さんの「底力」を感じるのです.
by wissenbrristol | 2009-01-06 02:02 | 横須賀水中処分隊

20080802 横須賀水中処分隊展示(15)

ついに12月31日となりました.平成20年も今日で締めくくりです.いろいろな事がありましたが,最も強く印象に残ったのは,やはり横須賀水中処分隊さんでした.そして,『YOKOSUKA軍港めぐり』.横須賀水中処分隊さんは,8月2日の海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放の際の「水中処分展示」に限られてしまいましたが,僅か約15分であっても,こうして現在も「継続」しているのであります.本年度の投稿はここまでとなりますが,勿論,年が明けても横須賀水中処分隊さんの投稿は続きます.では,平成20年度最終の投稿です.
e0149306_232339.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

8月2日の「水中処分展示」がきっかけとなり,以降,『YOKOSUKA軍港めぐり』に通い,さまざまな艦船,お仕事風景を観て参りました.まだまだ,ちっとも弱輩ですが,その間に少しだけ判った事などもありました.皆様の活動のほんのごく一部しか判らないのですが,全く判らない(知らない)のとでは,大違いの筈です.wikipediaにも記述がありますが,先日ようやく辿り着いた「掃海隊群司令部水中処分班」ページの記述を一部引用させて戴きます.

■海上自衛隊の潜水部隊
海上自衛隊の潜水部隊は、大きく分けて2つのグループがあります。

(1)水中処分員(Explosive Ordnance Disposal:EOD)
海の中で発見された不発弾や機雷等爆発物の処分を任務とします。

(2)深海潜水
遭難した潜水艦乗員を救助するのが主任務です。


■海上自衛隊の潜水員の区分
(3)水中処分員(EOD員)
爆弾、機雷等火工武器の海中捜索、識別、安全化及び処分作業(爆破作業を含む)を行う。


勿論,文字としては理解出来たとしても,やはり実際に目にしないと,その重要さ大変さは,なかなか伝わりません.あと1日で平成20年は終わりますが,明くる平成21年も変わらず,地道に勉強したいと思うのであります.最強・横須賀水中処分隊の皆様,どうぞ良いお年を.本年度は寔に有り難うございました!
by wissenbrristol | 2008-12-31 02:21 | 横須賀水中処分隊

20080802 横須賀水中処分隊展示(14)

ちょっと投稿が止まりましたが,本館など各ふりかけ系ブログに別展開していました.こちらもいよいよ展示も佳境であります.実際に海に飛び込み,泳いで機雷に近づき…の場面です.今回は2枚貼ります.
e0149306_391916.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

当日の講義全てを細部まで正確に,ここに再現する事は出来ませんが,重要な事柄は今でもしっかり覚えています.本館投稿した文章は,暗記するまでに至っています.とても大事なので.

湾岸戦争後,日本は「金は出したけど,汗はかかない」と云われましたが,1991年に自衛隊初の海外任務として,この海上自衛隊掃海部隊の方々がペルシャ湾の機雷除去を行ったではありませんか.その任務がどのようなものであったか.こうして観せて戴く事が出来ました.
e0149306_3262090.jpg
「観せて戴く事が出来ました」ではなく,「観せて戴く事が出来たのです」.
by wissenbrristol | 2008-12-29 03:14 | 横須賀水中処分隊