VT to the origin(exてくのFK)

20080802 横須賀水中処分隊展示(34)最終回

折しも,年度替わりの3月末日となりました.昨年8月2日に行われた海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放「横須賀水中処分隊展示」の連続投稿も今回が「最終回」となります.弱輩記録者現段階渾身の1枚.
e0149306_0485478.jpg
2008年8月2日(土)海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示+『潜水員・EOD員になるには』

モニタ解像度によっては,全体を表示出来ないかもしれませんが,敢えてオリジナルサイズで投稿します.この日が全ての「始まり」(これまでの無知な弱輩見学者の経緯は,今回の投稿がとても長くなりますので省きます).その遅過ぎた「始めの一歩」.画像に使用させて戴いた『潜水員・EOD員になるには』の図表は,「掃海隊群司令部水中処分班」のページに掲載されています.そのまま転載するには許可を戴かないとなりません.講義を学生がノートに書き取るに同じく,自分で作成してみました.こうして1段階ごとの課程を自分の手で画像作成していく事で,水中処分員に至るまでの難しさ,厳しさを少しでも…少しでも,ですが学ぶ事が出来れば…と.そして,先日とても大事な事を教えて戴きました.水中処分員の方々の「任務」についてです.wikipediaにも記述がありますが,水中処分隊の方に教えて戴く事が,何より「真実」です(wikipediaの記述を信用していないと云う意味ではなく).

「我々、処分隊員(EOD員)の主たる任務は「海上交通の保護に寄与するため爆発性危険物を除去すること」でありますが、潜水技能および、処分艇(ゴムボート)操法の技能の高さからこのような災害派遣で出動することが多々あります。」

「このような災害派遣」とは,3月10日に派遣要請のあった「大島沖における行方不明船舶捜索に係る災害派遣」を指します.

昨年8月2日の「横須賀水中処分隊展示」の後,記録写真をブログにその時投稿して,それで「終わり」にしてはならない,と強く思いつつも,殆ど水中処分隊さんの事が判らぬ日々が続きました.何とか限られた公的な資料で勉強しました.少しずつ少しずつ判り始めた水中処分隊さんのご活動,これまでの実績.そして,現在は『YOKOSUKA軍港めぐり』にて,横須賀水中処分隊の皆様の「日々の訓練」を見学出来る機会にも恵まれています.私たちは,もっと知っておかなくてはならないのです.昨年8月2日の「横須賀水中処分隊展示」の投稿は,今回で完了となりますが,『YOKOSUKA軍港めぐり』や一般開放にて,横須賀水中処分隊の皆様の「日々の訓練」を見学出来る機会がある限り,見学・勉強・記録は続きます.この投稿が横須賀水中処分隊の皆様の「最終回」ではありません.既に『ぐらふぃこ』にて,現在進行の横須賀水中処分隊さんの投稿が同時進行しています.今回の投稿は,昨年8月2日の「横須賀水中処分隊展示」の最終回です.連続投稿最初の画像を改めてもう一度.
e0149306_1243648.jpg
2008年8月2日(土)海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

8月2日編最終回用に一部修正しましたが,この「25の場面」は動かせません.「ここに始まる」です.あまりに遅過ぎた出発ではありますが.今夜はとても長い投稿になっておりますが,この連続投稿の間に知る事の出来た水中処分隊さんのこれまでのご活動実績も改めて転載させて戴き,8月2日編連続投稿を完了と致します.昨年8月2日の晴天猛暑の折,「水中処分隊展示」をして下さった横須賀水中処分隊の皆様,無知な弱輩見学者にコメントを下さったコンバット・ダイバー様,改めて御礼申し上げます.有り難うございました.

「掃海隊群司令部水中処分班」ページの「EOD員の活動実績(抜粋)」+
▼父島における爆破処分『父島(宮之浜)爆破処分』

▼東京都新島での恒例の不発弾処分『続く新島での戦後処理』

▼41.2.4 羽田沖に全日空機が墜落、救助活動
▼57.2.9 羽田沖に日本航空機が墜落、救助活動
▼5.7.12 北海道南西沖地震災害に対する災害派遣(8.12まで)
▼3.6.5 ペルシャ湾派遣部隊、クウェート沖で掃海作業(9.11まで)処分機雷数34個のうちEOD処分29個
▼8.10.1 屈斜路湖遺棄弾の引き揚げ作業(24日まで)
▼11.9.22 横須賀水中処分隊に第1級賞状(270トンに及ぶ爆発物処理)
▼14.10.1 インド洋派遣海上支援部隊へのEODTの派遣(3ヶ月交代で継続中)

▼16.5.25 横須賀水中処分隊 新島での爆発性危険物の捜索、処分(5.29まで)
▼19.7.30 横須賀水中処分隊 父島(宮之浜)爆破処分(8.31まで)


直近の2009年3月10日伊豆大島沖での貨物船同士の衝突事故における横須賀水中処分隊の皆様の災害派遣の記録を追記したいところでありますが…こちらは,大変困難な状況であった事を教えて戴けました.今回の投稿にて一部転載させて戴きましたが,『水中処分母船YDT03号さんと災害派遣』として,改めてこちら『てくの』にも投稿致します.
by wissenbrristol | 2009-03-31 01:38 | 横須賀水中処分隊