VT to the origin(exてくのFK)

20080802 横須賀水中処分隊展示(27)

2月半ばからの「毎年恒例の確定申告用各社分伝票入力作業」に圧され,各系列ブログの投稿ペースが,ばらんばらんになってしまいました.『YOKOSUKA軍港めぐり』にも,2月11日の建国記念日以来,乗船出来ていません.早く以前のぺーすを取り戻したいです.しかし…『てくの』は,横須賀水中処分隊さん展示の写真が残り少なくなっています.新たに水中処分隊さんの記録が撮れていれば,投稿速度をやや上げても良いのですが…難しいところです.公的な資料も限られています.唸っていないで,投稿しましょう!
e0149306_4134259.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

海に飛び込まれ,直接手で機雷に触れ,爆破処理の準備をされた方の処へ到着しましたね.思うのですが,この「通常」の動作でさえ,美しいのです.「美しい」は=無駄な線を描かない動きの事を指します.高度な訓練を受けていない場合,また熟達していない場合,何処か線は歪みます.この弧を描く水しぶきが無駄な動きのない事を示しています.とにもかくにも,水中処分隊の皆様を強いて一言で表現するなら「高度な技術力=厳しい訓練」なのです.また,「高度な技術力を以て,広く世界に貢献する」.「貢献」と入力するのも,口で云うのも簡単ですが,実際に「貢献」すると云う事は簡単ではありません.個人に貢献する事も簡単ではありません.「広く世界に」は,全く難しい事です.人はとかく己の利益・目先の利益だけを優先しがちですが.

今回の投稿も「掃海隊群司令部水中処分班」のページの「EOD員の活動実績(抜粋)」から,皆様の活動実績についての記述を更にもう1項目転載追記させて戴きます.ただし,この記述(記録)までです.「(抜粋)」との事ですので,実際には,水中処分隊の皆様の活動実績の全てを知り得た訳ではありません.

▼41.2.4 羽田沖に全日空機が墜落、救助活動
▼57.2.9 羽田沖に日本航空機が墜落、救助活動
▼5.7.12 北海道南西沖地震災害に対する災害派遣(8.12まで)
▼8.10.1 屈斜路湖遺棄弾の引き揚げ作業(24日まで)
▼11.9.22 横須賀水中処分隊に第1級賞状(270トンに及ぶ爆発物処理)


▼14.10.1 インド洋派遣海上支援部隊へのEODTの派遣(3ヶ月交代で継続中)

「EODT」とは,Explosive Ordnance Disposal Teamの事ですね.珍しく「判りません」が出ず,ほっとしました.インド洋の海上支援にも就かれているのですね.本当にすみません.こちらも存じませんでした.失礼を通り越し,本当に無礼ですよね.ここまで無知だと.でも,通常の報道を見聞きする範囲では判らないのではないか…とも思います.自己弁護ではなく.非常に残念な事です.先日,『YOKOSUKA軍港めぐり』にて,補給艦「ときわ」さんと,とても近い距離ですれ違いました.既に,その際には「掃海隊群司令部水中処分班」のページの「EOD員の活動実績(抜粋)」を拝見していたので,改めてインド洋海上支援について思い出しました.

とにもかくにも,私たちが知らない事が多過ぎる…と云うの事を常に痛感するのです.「世界に誇る高度な技術力」を以て,ご活動されている水中処分隊さんの事を,もっと私たちが知るには,どうしたら良いのでしょうね…

【追記】投稿した後,誤字脱字やfont colorのチェックなどで(投稿を観た場合,読みづらく観づらくないか),何度か修正を繰り返しますが,アクセス数のチェックをして,少々驚きました.こんな早朝(5時前)に投稿したと云うのにアクセス数が,それこそ「爆発」しているのですが,何が起きたのでしょう??
by wissenbrristol | 2009-02-26 04:50 | 横須賀水中処分隊