VT to the origin(exてくのFK)

20080802 横須賀水中処分隊展示(24)

また少し時間が空いてしまいましたが,引き続き昨年8月2日の海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放の際の「水中処分隊展示」の模様を.どうやら(30)を超えそうですね.昨夜は何気なくiTunesのヴィジュアライザをver.8.0.1にしてから初めて表示させて,それはそれは驚きました.「ヴィジュアライザ」は曲を映像化する機能です.いつも,水中処分隊さんの画像を作成する際にかけている「個人的主題曲」でしたので,より一層驚きました.曲名は明記しません.特定のイメージが着いてしまうといけませんので(と云っても,「歌」がある曲ではないですし,広く一般の方が聴いている曲でもありません).おっと.話題が反れましたね.8月2日に戻りましょう.
e0149306_21533388.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

引き続き,交差する場面ですが,皆様の進行方向が前回と違います.写真は正確に時系列.データを確認すると前回の場面から16秒が経過しています.もう一度交差されたのですね.何度観ても見事な場面です.

さて,前回の投稿では,ようやく27年が経過して知ったEOD員の皆様の救助活動について,判る範囲の事,自分はその時どうしていたのかを書きましたが,羽田沖での事故についてのみでした.こちらの「掃海隊群司令部水中処分班」のページの「EOD員の活動実績(抜粋)」の項目には,まだ皆様の活動についての記述があります.今回は災害派遣の記録も加えて転載させて戴きます.

▼41.2.4 羽田沖に全日空機が墜落、救助活動
▼57.2.9 羽田沖に日本航空機が墜落、救助活動


▼4.7.12 北海道南西沖地震災害に対する災害派遣(8.12まで)
(注:「掃海隊群司令部水中処分班」ページに記載されている日付をそのまま引用していますが,平成5年ですよね?)

昭和から平成に変わり5年.16年前の夏.この北海道南西沖地震も非常に強く記憶に刻まれている大変な災害です.wikipediaからも転載します.

北海道南西沖地震(ほっかいどうなんせいおきじしん)は、1993年(平成5年)7月12日午後10時17分12秒、北海道奥尻郡奥尻町北方沖の日本海海底で発生した地震である。Mは7.8、推定震度6(烈震)で、日本海側で発生した地震としては最大規模。震源に近い奥尻島を中心に、火災や津波で大きな被害を出し、死者201名、行方不明者29名を出した。さらに、ロシアでも行方不明者3名。震度が推定になっているのは、当時地震計が置かれていなかったため。

この北海道南西沖地震の際,尊敬する水中写真家の中村征夫さんも奥尻島で被災されました.大切なカメラを始め,たくさんの大切な機材が失われた事を知り,大変心を痛めました.自分はまだまだ写真弱輩にしても,カメラを失うと云う事はどれほどの悲しみと痛手であるかと…勿論,カメラや機材はお金を出せば買えますが,失われた記録や自らの分身であるカメラはお金では取り戻せません.烈しい地震も恐ろしいですが,地震発生から2,3分で第一波がやって来た津波の恐ろしさも,映像からのみであっても,まざまざと突きつけられました.大津波が去った後の海岸線は筆舌しがたい惨状でした.当時も繰り返し映像を観ていましたが,やはり,その場所にEOD員の皆様が向かわれた事は2009年になるまで知らなかったのです.多くの機関・組織の方々が救助にあたられていたのは十分判っていても.

ここ最近,関東では大きな地震は起きていません.それがむしろ恐ろしくもあります.もし,水中処分隊さん展示の写真を撮っていなかったとしたら,このような事を改めて考えただろうか?と自問自答する,今日この頃であります.
by wissenbrristol | 2009-02-09 22:23 | 横須賀水中処分隊