VT to the origin(exてくのFK)

20080802 横須賀水中処分隊展示(15)

ついに12月31日となりました.平成20年も今日で締めくくりです.いろいろな事がありましたが,最も強く印象に残ったのは,やはり横須賀水中処分隊さんでした.そして,『YOKOSUKA軍港めぐり』.横須賀水中処分隊さんは,8月2日の海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放の際の「水中処分展示」に限られてしまいましたが,僅か約15分であっても,こうして現在も「継続」しているのであります.本年度の投稿はここまでとなりますが,勿論,年が明けても横須賀水中処分隊さんの投稿は続きます.では,平成20年度最終の投稿です.
e0149306_232339.jpg
2008年8月2日(土) 海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放 水中処分隊展示

8月2日の「水中処分展示」がきっかけとなり,以降,『YOKOSUKA軍港めぐり』に通い,さまざまな艦船,お仕事風景を観て参りました.まだまだ,ちっとも弱輩ですが,その間に少しだけ判った事などもありました.皆様の活動のほんのごく一部しか判らないのですが,全く判らない(知らない)のとでは,大違いの筈です.wikipediaにも記述がありますが,先日ようやく辿り着いた「掃海隊群司令部水中処分班」ページの記述を一部引用させて戴きます.

■海上自衛隊の潜水部隊
海上自衛隊の潜水部隊は、大きく分けて2つのグループがあります。

(1)水中処分員(Explosive Ordnance Disposal:EOD)
海の中で発見された不発弾や機雷等爆発物の処分を任務とします。

(2)深海潜水
遭難した潜水艦乗員を救助するのが主任務です。


■海上自衛隊の潜水員の区分
(3)水中処分員(EOD員)
爆弾、機雷等火工武器の海中捜索、識別、安全化及び処分作業(爆破作業を含む)を行う。


勿論,文字としては理解出来たとしても,やはり実際に目にしないと,その重要さ大変さは,なかなか伝わりません.あと1日で平成20年は終わりますが,明くる平成21年も変わらず,地道に勉強したいと思うのであります.最強・横須賀水中処分隊の皆様,どうぞ良いお年を.本年度は寔に有り難うございました!
by wissenbrristol | 2008-12-31 02:21 | 横須賀水中処分隊